532C6A0A-384A-46CF-A944-76717A9C2048.png

通訳ガイド研究会
 

Society for Interpreter Guides

​SIG(Society for Interpreter Guides)
通訳ガイド研究会とは?

「通訳ガイド研究会」は、「通訳ガイド」研究会ではありません。
つまり、通訳ガイドだけの組織団体ではありません。
日本文化・和の精神を世界に発信したい!という思いで、学びを深めたり、研究したいという思いを持った人々が、職種の垣根を越えて集う団体です。
それぞれの専門分野をシェアし、お互いに刺激しあい切磋琢磨することで、生成発展し、化学反応も起こすことのできる研究組織です。
より会員の学びの機会を増やし、会員同士の絆を深めることのできる研究組織として、進化して参ります。

​私達の理念

通訳ガイドというサービスに関する全ての事象を研究し、言葉で日本文化を発信する。
・・・「通訳ガイド」は「通訳」と「ガイド」から成っています。通訳は「言葉」に、ガイドは「文化」に関わります。
通訳ガイドという資格は、<言葉で文化を発信するプロ>と言えます。
本会は、内的には「会員それぞれの得意を持ち合い、お互いに切磋琢磨し、言葉で文化を発信するプロの能力を向上すること」、
そして、外的には「日本について正しい情報を楽しく発信すること」を目指します。

​その理念に基づいた活動における目的は3つ

​目的その1

日本を知る

​目的その2

​日本に目覚める

​目的その3

​日本を発信する

目的達成のための目標は3つ

​目標その1

点の情報を線の知識にする

​目標その2

線の知識を面の智慧にする

​目標その3

​日本を発信する

具体的にはどうするのか?

​目標その1

勉強会や研究発表、研修(座学・実地)を通じて日本文化を楽しく学ぶ

​目標その2

学んだ知識を外国語によって伝える技術を身につける

​目標その3

通訳ガイドのサービスを向上するために心を磨く

目標におけるキーワードを一言で言えば…

List Title

日本文化力 → 知識

List Title

翻訳力 → 技能

List Title

人間力 → 個性

つまり、知識と技能と個性の三拍子を揃えることを目標とします。

​通訳ガイド研究会会長  石井隆之(近畿大学総合社会学部教授)

​通訳ガイド研究会副会長 奥真理子(Makarita Japan 代表)

​和の精神を世界に発信していく仲間を募集しています!
詳しい活動内容は、下記リンクの弊会ホームページをご覧下さい。